■新築をお考えの方必見!いまどきの収納とは?!■

埼玉で新築住宅をご検討の方の最大の関心事は「収納」。
特に、ウォークインクローゼット、という調査結果があります。
そこで今回、収納についての考え方や、本当に必要な収納場所について、埼玉県の三井開発が解説します。

□考え方

まずは自分が物をどのように収納するかを理解しておきましょう。
例えば、服を収納する時は畳んで引き出しに収納するのか、それともハンガーにかけるだけなのか、などです。
自分が苦にならない片付けの方法に合わせて収納をどうするか考えましょう。
次に生活動線や使い勝手について考えます。
どこにどのような収納スペースがあると便利か、また収納スペースをどのように配置すると使いやすいかなどを生活動線に合わせて考えましょう。

□収納が重要な場所

*玄関

玄関は靴を収納するスペースがあれば良いと考えがちですが、それは昔の話。
もし、玄関の脇に土間収納を付けたら、靴だけでなく自転車やスポーツグッズ、ガーデニンググッズ、灯油、泥のついた野菜、ゴミ等、収納の用途が一気に広がります。
そのため、三井開発では、ほとんどの分譲プランに土間を設けて収納スペースを確保しています。
最近では、土間収納からホールに出入りできたり、ハンガーパイプを設置してコート類を掛けられる間取りも好評です。

*キッチン

キッチンは食器類や調理器具、調味料、家電等で乱雑になりがちです。
さらに、共働き夫婦が増え、毎週休日に食品や日用品をまとめ買いしているご家族も多い事でしょう。
その分の収納スペースが欲しいですね。

三井開発の【NeLifeネライフ】という間取りは、洗面・浴室を2階に設置する事で、空いたスペースをリビングの一部や収納に使い、家事の軽減を叶えました。
キッチン周りには、パントリーやミセスコーナー、お子様の為の収納スペース等を必ず設置しています。

*リビング

お子様がいるご家庭では特にリビングに物が増えやすいです。
お子様のランドセルや上着など、自分の部屋に持って行くのが面倒でリビングに置いたままといったことはよくあります。
どんどん増えるおもちゃの置き場所にも困ります。
また、リビングには郵便物やプリント等書類の定位置も必要となります。

三井開発では、前述した、お子様の為の収納スペースを「ココイクコーナー」と呼び、これらの収納に利用して頂いております。
「ココイクコーナー」は収納棚の隣に、学習やパソコンに使えるカウンターを設置する事もあります。
キッチンから目が届き、家事をしながらでもお子様の様子を伺える場所に設置することがポイントです。

□まとめ

生活するにあたって、収納は重要なポイントです。
収納のスペースや使い勝手によって、家の散らかり具合が変わります。
収納スペースに関する考え方をきちんと把握し、後悔のない住まいづくりにしましょう。
当社では、お客様の快適な住まいづくりのサポートを行なっています。
何かお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。

OTHER PROPERTYその他のおすすめ物件