■新築住宅探しの日当たりの良い土地選び■

 

「日当たりを考慮した土地の選び方がよくわからない」
「基本的なところから詳しく知りたいな」

土地選びをする際によく悩まれるのが日当たりを考慮した選び方です。

そこで今回は、これから新築住宅の土地選びをする方必見の、日当たりの良い土地選びについて解説します。

 

□日当たりを考慮した土地選び

物件選びでは色々な条件がありますが、その中でも気になるのが日当たりの良さです。

どのように見極めれば良いのでしょうか。
日当たりはまず方角によってかなり異なるということはお分かりいただけると思います。

*南向き

太陽の動きは東から出て西に沈んでいく中で、一日中南側から照らすため、南向きが最も日当たりの良い方角です。
南側から日中は常に日が差し込んでくるため、暖かくなります。
ただその分、夏場は部屋が暑すぎる場合もありますので注意が必要です。

*東向き

東側は、太陽が東から昇るため朝日が入りやすく比較的気持ちの良い朝を迎えることができます。
午前中に日当たりが良いため、洗濯物を干すとよく乾きますが、夕方は日の差込が弱くなって部屋が暗くなってしまいます。

*西向き

西側は午後から日が差し込むため冬には夜まで部屋の暖かさを維持することができます。
逆に夏は夜になっても暑さが残ってしまう傾向があります。

*北向き

北側は日が差し込まないため、夏には涼しく過ごせますが、洗濯物が乾きづらいというデメリットもあります。

 

□他に影響するもの

方角での日当たりの違いを説明しましたが、これだけでは日当たりの良さを決めることができません。
南側だから絶対に日当たりが良いとは限らないということです。
そのため、時間帯や周囲の建物の影響も一緒に考慮する必要があります。
南向きといっても目の前に大きなマンションがあれば光は遮られてしまいますよね。
このようなことからも、本当に日当たりを重視するなら、時間帯を分けて現地をチェックするようにした方が良いでしょう。
また、駅に近い等、利便性も求めると、価格が非常に高くなってしまいます。
都内やさいたま市辺りでは、購入価格帯で日当たりの良い土地を探すのは至難の業かもしれませんね。

□まとめ

以上、これから新築住宅を検討している方に向けた日当たりの良い土地選びについてご紹介しました。
日当たりを考える要素として方角だけではなく、時間帯や周りの建物の影響も考えて自分の生活に最適な日当たりの土地を探しましょう。

また、日当たりは、1階は悪くても、2階は良い事が多いです。日中、家にいることが多いなら、2階リビングの間取りを考えてもいいでしょう。
今回の記事を参考に、より快適な新生活について検討してみてください。
また、当社にはこれらの情報に詳しいスタッフが多数在籍しております。
何か相談したいことがあれば、ぜひお問い合わせください。

OTHER PROPERTYその他のおすすめ物件