■頭金なしで新築購入はできる?■

 

「新築住宅を検討しているが、トータルでいくらかかるのか知りたい」
「頭金なしで購入できるのか知りたい」
このようにお悩みの方はいらっしゃいますか?

住宅購入には、住宅の価格以外にも様々な費用がかかるため、疑問が発生します。
また頭金なしで家を購入できるのかも大きな問題ですよね。

そこで今回の記事では、頭金など、新築の購入時の注意点について詳しくご説明します。

□新築の購入に際しての注意点

*新築購入には多額の費用がかかる

購入する住宅が3000万円の場合、実際に必要なお金は3000万円ではありません。

住宅価格の他に諸費用と呼ばれる契約時の印紙税、登録免許税、司法書士に払う不動産登記費用、住宅ローン借入費用等がかかり、これらは現金で支払います。
そのほかに、仲介業者を通す場合の仲介手数料、火災保険料、引越し費用など様々な費用が必要になります。
新居に住むためにはカーテンや照明器具、季節によってはエアコンも必要です。

また通常、金融機関から借りる金額は住宅価格の8割から9割ほどと言われています。
そのため、最低購入する住宅の1割から2割程のお金が必要となります。

*頭金なしでも新築は購入できる

もともと家を買うつもりではなかったから、頭金を用意できない方もいらっしゃるかもしれません。
結論から言うと、頭金なしでも新築を購入することは可能です。
しかし、頭金を用意して住宅購入を行うことが一般的であり、頭金が用意できない場合には気をつけるべきことが多く存在します。

□全く頭金がない状態で新築を購入する方法

*住宅ローンを多めに借りる

全く頭金がなくても住宅ローンを多めに借りることで新築住宅を購入することができます。

しかし、住宅ローンの借入金額が多くなると、その分支払う住宅ローンの利息が大きくなります。

例えば借り入れ額が2000万円の場合、利息額は514万円ほどかかります。
また借り入れ額が3000万円の場合は、利息額は772万円ほどに膨れ上がります。

このように1000万円異なるだけで、260万円ほど余分に利息を払う必要があります。

そのため、住宅購入を行う際はできれば購入額の1~2割程度の頭金を用意することがおすすめです。
頭金や利息に関して少しでも不明な点などがあれば、営業担当などに必ず質問をしましょう。

□まとめ

新築住宅は頭金なしでも購入可能です。

しかし毎月の返済額がアップするため、できるだけ頭金は準備しておく方が良いでしょう。
新築を購入する際は、費用面についてしっかりと下調べを行うようにしてくださいね。

新築購入に際して何か質問や疑問などがございましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

OTHER PROPERTYその他のおすすめ物件