■テレワークしやすい家のポイントとは?

「新築一戸建ての購入を検討中」
「テレワークしやすい家のポイントを知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、快適にテレワークできる家づくりのポイントを紹介します。

 

□新築一戸建てはテレワークしやすい環境づくりに最適

実は、新築一戸建てはテレワークの環境が整えやすいと言われています。
新築一戸建てなら、マンションと比較してスペースにゆとりがある場合が多いですよね。
それにより、独立した書斎コーナーや仕事用の収納スペースを用意しやすいことが理由の1つです。
他にも、スペースに余裕があれば、テレビ会議に合わせてシンプルな背景があるスペースを残しておけます。

 

□ワークスペース設置のポイントとは?

一般的にワークスペースには、オープンタイプとクローズドタイプの2種類があります。

 

*オープンタイプ

オープンタイプのワークスペースとは、リビングやダイニングの一部、ファミリースペースに設置するワークスペースのことです。
一般的にイメージする書斎のようなイメージではなく、広いスペースの一角に併設するイメージのものだと言えるでしょう。
こちらは、家事をしながら空き時間に働きたいと考えている方や、専用の部屋を設けることが困難である場合、リモートワークが期間限定である方に適しているワークスペースです。

 

*クローズドタイプ

クローズドタイプのワークスペースとは、一般的な書斎のように1つの部屋をそのままワークスペースとして使用しているものを指します。
こちらは、プライバシーを保てる特徴があるため、集中したい方や、ビデオ通話が多くあり背景や他の物音を気にせず話したい方、リモートワークを長期間行うことが決まっている方におすすめです。

ワークスペースを設ける際は、自分の希望を考えて、適したスタイルを選択する必要があります。
例えば、仕事にどのくらいのプライバシーが必要になるかを考えましょう。

込み入った話を直接電話やテレビ会議で行う仕事をしている方は、クローズドスペースが良いです。
反対に、仕事上の連絡がテキストベースである方や頻繁に行わない方は、オープンスペースでも良いでしょう。
他にも仕事をする際に大きな紙を広げたり、道具を沢山使用したりする方は、クローズドタイプのワークスペースでは十分なスペースを用意できないかもしれません。
そのような場合は、日中家族が出かけている間のダイニングテーブルを使用すると便利でしょう。

それぞれの状況に合わせて、ワークスペースを設けることが大切ですね。

 

□まとめ

今回は、テレワークしやすい環境づくりのポイントを紹介しました。
仕事のスタイルや環境についてしっかり考えて、テレワークスペースを確保してくださいね。

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

RECOMMENDED PROPERTYおすすめ物件