■新築一戸建て購入をお考えの方へ引き渡しの流れを紹介!

新築一戸建ての購入を考えている方の中には、引き渡しの流れについて不安に思っている方もいらっしゃるでしょう。
今回は、新築一戸建てを購入される方に向けて、引き渡しの流れを紹介します。

 

□新築一戸建て購入の全体の流れについて

新築一戸建てを購入される方は、まずは全体の流れを把握しましょう。
引き渡しをスムーズに行うためには、1つずつしっかりと確認して進めていくべきです。

まず、内覧会を見に行きます。
図面を手元に用意して、ドアの方向や収納の大きさ、コンセントの数や位置について確認を行いましょう。

購入したいと思う場合は、続いて引越しの見積もりを行います。
引越しは、時期や荷物の量、引越しの距離によって費用が異なります。
そのため、費用や荷物を整理する期間を考慮して考える必要があるでしょう。
お子さんが小さく準備に時間が取れない場合や、妊娠されている方がいらっしゃる場合は、荷造りや荷ほどきをプロにお任せできるプランもおすすめですよ。

次に、購入代金や諸費用の準備を行います。
ローンについての細かい設定や利用額について、ここで決定します。
手数料や税金を含めた費用を想定して、無理のないプランを立てましょう。

最後に、実際に決済を行い、鍵や引き渡し書類を受け取ります。

 

□引き渡し日当日の流れを紹介

引き渡し日当日は、どのような流れなのかをご紹介します。

一般的に、新築一戸建てを引き渡す当日は次のような手続きを行います。

・登記書類の作成
・出勤伝票の作成
・ローンの融資実行
・各設備についての説明
・各書類と鍵の受け渡し
・火災保険の契約

引き渡し当日は、細かい手続きが多いため面倒だと感じる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、どれもお金や家に直接関わる非常に大切な事柄であるため、しっかりと押さえておきましょう。
また、お金を振り込んだり支払ったりする場合は、未払い扱いになったり再振り込みが必要になったりしないように注意しましょう。

新築一戸建ての引き渡しにかかる時間は、一般的に30分から1時間程度だと言われています。
事前に火災保険などの手続きを済ませている場合は、もっと早く終わる場合もあるでしょう。
一方、銀行の送金が渋滞している場合は、その分引き渡しの時間が遅くなる可能性があります。
例えば、給料日や年末、月末といった時期は送金に時間がかかる場合があるため、避けるのが良いでしょう。

 

□まとめ

今回は新築一戸建てを購入したいとお考えの方に向けて、引き渡しまでの流れを紹介しました。
新築を購入される方は是非参考にしてください。
▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

RECOMMENDED PROPERTYおすすめ物件