■リモートワークしやすい家の場所とは?■
「新築一戸建てを探している!」
「新しい家にはリモートワークがしやすい場所を作りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回はリモートワークがしやすい場所について紹介します。

 

□ワークスペースづくりのポイントについて紹介

ここからは、自宅にワークスペースを設ける際、どのようなポイントに注意すれば良いかを紹介します。

 

*集中できる環境をつくる

家で仕事をしていると、他のことが気になってなかなか集中できない方が多いと思います。
リビングやダイニングといった部屋には、もともとソファやローテーブル、食事用のテーブルと椅子などがあるため、ワークスペースとして使用する方が多いのではないでしょうか。
しかし、このような空間は人の出入りが多かったり、他のものが目に入りやすかったりするため、集中するための空間とは言えない場合が多いでしょう。
「目の離せない子供がいる」、「ペットがいる」といった特別な事情がない限りはパーテーションやカーテンで空間を区切るのがおすすめです。
仕切りを用意すれば、リモート会議で背景を気にする必要もありませんね。

 

*リラックスゾーンをつくる

家で仕事をしていると切り替えが難しく、家にいるのに仕事が気になってリラックスできない場合があります。
このような場合は、仕事のことを考えずリラックスするための空間を意識するようにしましょう。
例えば、以下の例が挙げられます。
・子供が昼寝をしたり遊んだりする和室では仕事のことを考えないようにする
・書斎で仕事をしている場合は、リビングでは仕事から離れるようにする

 

□リモートワークに適した場所について紹介

次に、リモートワークをする際は具体的にどのような場所が良いかについて紹介します。
ダイニングにワークスペースを用意する場合は、ダイニングテーブルとは別にテーブルと椅子を用意するのがおすすめです。
特に、パソコンや書類を広げて仕事を行う方は、食事のたびに片付けるのが面倒になるケースが多いですよね。
オンとオフを切り替えるためにも、別々の机を用意しましょう。
静かに集中して仕事がしたいと考えている方には、寝室の近くにワークスペースを作るのがおすすめです。
ただし夫婦や子供と一緒に寝る場合は、作業の音や照明が気にならないように空間を区切る必要があるでしょう。

 

□まとめ

今回は蓮田の方向けて、新築一戸建てにリモートワークしやすい場所をつくるためのポイントを紹介しました。
この記事を参考にして、家でも快適に働けるスポットを作ってみてくださいね。

 

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

RECOMMENDED PROPERTYおすすめ物件