■新築でオール電化にするメリット■

「蓮田市で新築を建てたい!」
「オール電化のメリットにはどんなものがある?」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
今回は、オール電化のメリットとデメリットについて解説します。

 

□オール電化にするメリット

まずは家をオール電化にするメリットについて紹介します。
まず、災害時のライフライン復旧の早さが挙げられるでしょう。
電気はガスに比べて復旧が早いと言われています。
例えば、2016年の熊本地震でも電気が復旧するのは、ガスが復旧するよりも10日ほど早かったとされています。
災害が起こった際、料理ができなかったりお湯が出なかったりする期間が、ガスに比べて短いと言えるでしょう。
次に、火災リスクの軽減が挙げられます。
オール電化の家のキッチンには、コンロの代わりにIHクッキングヒーターが設置されます。
これは、火を使わないためガスコンロに比べて火災が起こるリスクが少ないと言えるでしょう。
また子供がキッチンで料理をする際にも、火を使わないため燃え移る心配がありません。
料理中の事故を防げますよ。
次に、キッチンの掃除が簡単なことが挙げられます。
皆さんの中には、ガスコンロの掃除にストレスを感じている方がいらっしゃると思います。
コンロの細かい凹凸にコゲや油が付着してしまうと、掃除が大変ですよね。
オール電化にすれば、IHヒーターはフラットであるため、毎日軽く拭き取るだけで綺麗なキッチンを保てますよ。
子育てやお仕事をされていて、毎日掃除する時間を作りにくいと感じている方におすすめと言えるでしょう。

hasuda_tsubakiyama

□オール電化にするデメリット

オール電化にするデメリットには、どのようなものがあるでしょうか。
まずは、初期費用が高額であることが挙げられます。
新築の家を購入する際に、オール電化を導入する場合、それだけ余分に費用がかかるでしょう。
次に、電気代が高くなることが挙げられます。
オール電化にすると、お湯を沸かしたり料理をしたりする際はもちろん、普段の明かりを付ける際にも電気を使用します。
普段ならガスを使用する場所でも電気を使用するため、その分電気代が高くなるでしょう。
電気を契約する際のプランや日々の電気の使い方をチェックすることがおすすめです。

 

□まとめ

今回は、蓮田市で新築を検討中の方に向けてオール電化のメリットとデメリットについて解説しました。
メリットとデメリットを比較して慎重に検討しましょう。
本記事が皆さんの家づくりの参考になれば幸いです。

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

 

あなたにおすすめの物件一覧