■間取で成功するためのポイントをご紹介します!■

新築をご検討中の方にぜひ知っていただきたいのが、間取りについてです。
これから多くの時間を過ごすお部屋の間取りで失敗したくはないですよね。
しかし、間取りで失敗しないためにはどうすれば良いか分からない方も多いでしょう。
そこで今回は、よくある間取りの失敗例と失敗をなくすための方法をご紹介します。

 

□よくある間取りの失敗例とは

新しく住むお家では、心地よく過ごしたいですよね。
そこで、間取りで失敗しないために場所別によくある失敗例をご紹介します。

1つ目は、リビングです。
特に家族のみんなが過ごすリビングの間取りは成功させたいでしょう。
リビングでよくある失敗は、家具の配置をイメージしていなかったということや、太陽の光がテレビに直接あたるため、まぶしくて見えにくいなどの失敗が多いでしょう。
そのため、しっかりとテレビやソファ、テーブルなどの主要な家具の配置を考えておくことをおすすめします。

2つ目は、寝室です。
寝室でよくある失敗は、道路の近くで車の音がうるさいということや、東側や南側の窓がまぶしいなどの失敗が多いでしょう。
睡眠は、日々の生活の中で非常に重要です。
十分な睡眠ができなければ、仕事や家事に悪い影響が出てしまう恐れがあるため、落ち着いて寝られる空間になるように日当たりや部屋の配置に気を付けると良いでしょう。

 

□新築の間取りを成功させるポイントとは

新築一戸建ての間取りを成功させるポイントを2つご紹介します。

1つ目は、動線をチェックすることです。
住宅の内見では、どうしても玄関から入って家の中を一回りするという流れになりやすいでしょう。

しかし、家の中を歩き回るだけでは、動線を調べることは難しいです。
そのため、実際にご自身が使用するであろう生活動線を実際に再現して確認してみると良いでしょう。
例えば、玄関からキッチンへ直行してみたり、リビングからトイレへ歩いてみたり、キッチンから洗面所まで歩いてみたりすることをおすすめします。

2つ目は、プライバシーの面です。
家を購入する前に、見落としてしまいがちなのがプライバシーの面でしょう。
例えば、隣の家と窓の位置が重ならないことや、雨戸やシャッターがついているかどうかはとても重要です。

また、トイレの配置も重要で、基本的にはトイレの出入り口は生活空間から見えない場所にあることが理想的でしょう。
ストレスフリーで心地よく生活するためにはとても大切なので、しっかりと確認しておくことをおすすめします。

nature_kawarabuki_model

□まとめ

今回は、よくある間取りの失敗例と新築での失敗をなくすための方法をご紹介しました。
新築の間取りを成功させるためには、可変性のある間取りにすることや、家事動線と生活動線に配慮することが大切でした。
さいたま市、蓮田市、上尾市、桶川市で新築をご検討中の方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

 

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

あなたにおすすめの物件一覧