高崎線沿線販売物件情報

高崎線沿線の新築一戸建ての需要と共有のバランスはよいのか

JR高崎線は、品川や東京などのビッグターミナルを繋ぐJR上野東京ライン・渋谷や新宿などの副都心を貫くJR湘南新宿ラインの2つの大動脈と直結している観点から、新築一戸建てなど不動産購入での需要が高い人気のエリアです。

  • 桶川市下日出谷

    サンライトガーデン桶川(第2期)

    2018/2/19NEW

    サンライトガーデン桶川(第2期)

  • 北本市中丸

    アメニティ北本第2期

    2018/2/19NEW

    アメニティ北本第2期

  • さいたま市北区植竹町

    アメニティ大宮 植竹町

    2018/2/12NEW

    アメニティ大宮 植竹町

  • 北本市中丸

    アメニティ北本

    2018/2/19NEW

    アメニティ北本

  • さいたま市北区本郷町

    アメニティ大宮宮原

    2018/1/23

    アメニティ大宮宮原

教育を考えるならこの沿線!

ご主人の通勤はもちろんですが、お子様の通学を考えても都心直結のメリットが見えてきます。
文教エリアとして知られる有名校の多い城北エリアへの足回りも良い為お子様も負担が少なく快適な学園生活を送ることが可能です。
また、三井開発の販売物件がある高崎線の宮原・桶川・北本には、駅前中心に進学塾や習い事施設が豊富にあります。
受験や学校の予習復習など多彩に学習塾を選ぶことが出来ます。

人口の増減からわかる将来性

人口増減は、都市の将来を示す指標のひとつでもあります。
人口が大きく減少する自治体は税収不足に陥り、市民サービスへの低下に繋がります。
高崎線沿いの都市は、都心から同程度の距離の他沿線と比較しても人口増加数が大きく、そのような心配はさほどありません。
将来性からみても高崎線エリアはおススメです。そのような理由から、この沿線に新築一戸建てを購入する人が増えているのです。

埼玉県市町村別人口増減・人口密度

高崎線の販売物件駅紹介

女性イラスト

thankyouforlooking