さいたま市で新築を購入する際、お祓いをするべきかどうかわからない方がいらっしゃるのではないでしょうか?
お祓いは工事の安全や家族の幸せを願って行うことがほとんどです。
また、お祓いにもいくつかの種類が存在します。
そこで、今回はお祓いをする理由とお祓いの依頼方法を紹介します。

 

□お祓いをする理由とは?

 

新築の工事前に行うお祓いのことを地鎮祭と言います。
これは日本では奈良時代から行われてきた儀式で、これからの工事の安全と無事を土地や今まで建てられてきた家に感謝を込めてお祈りをします。
同時に、土地の神様から家を建てる許しを得ることで、願いが叶うと考えられています。
では、どうしてこのような昔の儀式を現在も行うのでしょうか。

地鎮祭が民衆に広まったのは江戸時代からと言われており、家族の安全や幸せを願って行われていたそうです。
現在では、歴史や伝統を重視している方や、工事が無事に終わり新築で幸せな生活を送りたいという方が地鎮祭を行います。
一方で、忙しくて地鎮祭ができない方や、地鎮祭にかかる費用を考慮していないという方もいます。
新築での家族の安全や工事に不安がある方は、地鎮祭を依頼してみましょう。

また、地鎮祭以外にも基礎工事が終了した際に行う上棟式や、家が完成した際に行う竣工式という儀式も存在します。
これらの儀式は、主に工事の安全や完成した家に住む方が幸せになるよう願って行います。
忙しくて地鎮祭ができない方や簡単にお祓いをしたい方は、これらの儀式を検討してみてはいかがでしょうか?

 

□お祓いはどこに依頼すればいいのか?

 

上記でお祓いをする理由を紹介しましたが、その依頼はどこにすればいいのでしょうか。
お祓いは神社に依頼するのが一般的とされています。
このとき、依頼する神社は新築の住所によって異なるため、事前にどこの神社に依頼すればいいかを確認しておきましょう。

また、お祓いのためには神社の方にお金を納める必要はありますが、お祓いの際に必要なお酒などのお供え物は神社の方が提供してくれます。
そのため、依頼をする際はお金だけを準備しておきましょう。

 

□まとめ

 

今回はお祓いをする理由とお祓いの依頼方法を紹介しました。
新築のお祓いには3種類あり、どれも家族の幸せや工事の安全を願って行います。
また、これらのお祓いはすべて地元の神社に依頼しましょう。
もし新築で幸せな生活を送りたいという方は、この記事を参考に神社の方に依頼してみてはいかがでしょうか?

OTHER PROPERTYその他のおすすめ物件