「さいたま市に家を買うことを決めたがどの地区が住みやすいのだろう。」

「さいたま市は治安が悪いと聞くが本当なのか。」

今回は『さいたま市各地区の住みやすさと治安』について解説していきます。

 

 

■さいたま市の基本情報

さいたま市は埼玉県の県庁所在地で県の南東部に位置します。

東京都心からの距離は20~35km程度しかないため、東京のベッドタウンと呼ばれることもあります。

さいたま市は、岩槻区・見沼区・北区・大宮区・西区・桜区・中央区・浦和区・南区・緑区の10区から構成されます。

大宮区と浦和区には繁華街が多く存在しており、交通網が発達しさいたま市の中心部となっています。

 

 

■各地区の住みやすさ

各地区の住みやすさは人口密度・地価・交通網などである程度把握できます。

まず、さいたま市内で浦和区・南区・中央区は特に人口密度が高く1平方km当たり1万人を超えています。

人が多い地域が苦手な方はこの3区を避けたほうがよいでしょう。

 

また、この3区は特に地価が高く、1坪あたり100万円を超えています。

それに対し見沼区・西区・岩槻区は50万円程度です。

土地が安いのは家を建てるにはよいことですが、もしその区の端の方に家を買うと商業や公共、医療など主要施設へのアクセスが悪くなってしまいます。

 

さいたま市にはJR埼京線が南北に走っており市の少し北側には東西に東武野田線・川越線が走っています。

埼京線は非常に混むため、通学・通勤などで日常的に利用する人は、駅の近くに住んだ方がよいでしょう。

さいたま市の中でも南側に位置し、地価も1坪あたり70万円程度の桜区・緑区が住宅を建てるのにはおすすめです。

特に桜区をおすすめするのは、埼京線の駅が近く東京都心や大宮駅へのアクセスがよいからです。

また、ほどほどに栄えた立地がよいのであれば、栄えているがのどかな雰囲気もある中央区が適しているかと思います。

 

 

■各地区の治安

さいたま市の各地区の治安は、さいたま市ホームページの、人口1000人あたりの1年間の刑法犯認知件数を見て確認できます。

大宮区が2年連続3.8件以上と犯罪率が高く、その他の区は年度によって岩槻区・緑区・浦和区・桜区で3件程度起きる年度もあるようです。

ですが、これらのデータは年度によって変動し、基本的に大宮区以外の治安は悪いとは言えないようです。

 

 

以上が『さいたま市各地区の住みやすさと治安』についての解説でした。

株式会社三井開発は、埼玉県のさいたま市・上尾市・蓮田市の三市を中心として住宅の建築・設計業務を行っています。

埼玉県でのマイホーム生活をお考えの方は、お気軽に当社にご連絡ください。