■新築における注文住宅を購入する際の手間について紹介■

 

自身で全てをカスタマイズできるとされている注文住宅ですが、当然購入する際に手間がかかります。
注文住宅にするか迷っている方に向けて、今回は注文住宅にする際にかかる手間について紹介します。

 

□注文住宅を購入する際の手間

*細かな詳細まで決める必要がある
注文住宅の場合は、間取りやお風呂やトイレ、キッチンなどの設備の打ち合わせ、外壁やフローリング、壁紙など決めなければいけない詳細がたくさんあります。
全て自身でこだわりたいという方にとっては、楽しいかもしれませんが、そこまでこだわりを持っていない方にとっては、面倒だと感じるでしょう。

 

家にそこまでこだわりがないという方は、建売物件を購入する方が良いでしょう。
建売物件は、土地と既に建ててある新築住宅がセットで販売されている物件のことです。
細かな詳細を決める必要がなく、あまり時間をかけずに入居することができます。

 

*予算の目処が立ちにくい
建売住宅などは、すでに新築が完成している状態なので金額もほぼ確定しています。
それに対して、注文住宅は、自身の考えを全て取り入れたいという欲求が強くなってしまい、予算が膨れ上がって見積もりを再度出してもらった際に驚いてしまうなんてことはよくある話です。

 

予算オーバーをしてしまった場合は、妥協するしか方法がありません。
住宅ローンの手続きも済んだ後に、予算オーバーをしてしまっても、どうしようもありません。
そういったことを避けたいという方は、最初から値段が決まっている建売住宅がおすすめです。
ただ、上手に妥協しながら調整できる方であれば注文住宅も向いているでしょう。

 

□注文住宅が向いていないという人は…
上記のことから、注文住宅は向いていないかもしれないという方は、建売住宅や建築条件付き売地がおすすめです。
建売住宅は、最初から新築住宅が建てられている状態で販売されているため、価格が変動することはありません。

 

細かな詳細を決めることが面倒で、早く入居したいという方におすすめです。
また、注文住宅ほど細かに詳細を決めたくはないが、ある程度は自身で決めたいという方は、建築条件付き売地が向いています。

 

購入した土地の販売会社は施工会社を指定している場合が多いです。
また、建築費用は決められていることが多いため、予算オーバーをすることが少なく資金計画を立てやすいです。

 

□まとめ
今回は、注文住宅の際にかかる手間について紹介しました。
自身で全てカスタマイズしたいという方は注文住宅を選び、そういったことが面倒だという方は建売住宅を選ぶのがおすすめです。
家づくりの期間や内容を考慮し、自身に合った住宅を選びましょう。