初めて新築の住宅を購入するという方にとって住宅の購入は分からないことだらけで不安になりますよね。

新築で住居を購入する際には、後々後悔しないためにも立地選びが重要になります。

今回は特に埼玉の方に向けて、立地を選ぶ際のポイントをご紹介したいと思います!

 

□失敗しない新築物件の立地条件

新築の購入は人生の中でも重要な決断のうちの一つです。

物件にどのような条件を設定するかは人それぞれですが、立地は不動産価値にも影響を与える重要な条件になります。

 

それではどのような立地条件で新築物件を選ぶのがいいのでしょうか。

不動産価格的にみると、購入後も価格が下落しにくいのはやはり駅近の物件です。

 

埼玉で新築住宅を建てる際のおすすめの立地の駅をご紹介します。

 

*浦和駅

浦和駅周辺は官公庁が集積するビジネス街でありながら、駅の周辺には商業施設や商店街が集積するなど生活利便性も備えていることからおすすめの駅といえます。

また、駅前には進学塾もたくさんあり、将来的に子育てもしやすい環境であるといえます。

 

*川越駅

今埼玉で新築を建てる立地として近年人気のある駅が、川越駅です。

川越駅はJR埼京線、JR川越線、東武東上線の3路線が利用でき、交通の便が非常に良いので埼玉でも好立地のうちの一つといえます。

 

*東大宮駅

東大宮駅はJR東日本の東北本線の駅で湘南新宿ラインや上野東京ラインが停車します。

駅前にはファストフード店やレストランなどの店舗も充実しています。

東京都心まで一時間もかからず行くことができ、さらに浦和駅や大宮駅周辺などよりも地価が安いことから隠れた穴場としておすすめの場所です。

また同じ沿線上の蓮田駅も同じくおすすめといえます。

 

 

□その他の条件

新築での立地の条件で駅近以外に考えられるのが、普段から使用するスーパーマーケットなどへの近さです。

スーパーマーケットへ近い立地の物件は、不動産としての価値も下落しにくいです。

駅近という条件にこだわらないのであれば、普段の住みやすさを条件にして立地を考えてみましょう。

 

他にも、医療施設が近い、公園がある、街全体が綺麗などの立地も不動産価値的には好条件といえます。

 

□まとめ

新築の立地を選ぶ条件には駅が近いかどうか、スーパーや医療機関、公園があるなども立地の条件として選んでいる方が多いようです。

今回は埼玉における新築の立地の条件を見てきましたが、最終的にはご自身にとって通勤しやすいか、住みやすいかということが最も大事になります。

今回紹介した人気の駅なども参考にしていただき、最後はご自身の住みやすさで選びましょう!