■家事を楽にする間取りのポイントとは?■

 

生活をしていると毎日行うことになる家事ですが、家事はやはり楽な方がいいですよね。
毎日の家事を楽にするためにも、住宅の購入を検討するときから家の間取りを考えておくことが重要です。
今回は、主に埼玉県で新築住宅を検討している方に向けて、どのような間取りにすれば家事が楽になるのかお伝えしていきたいと思います!

 

□家事をしやすい間取り

 

洗濯や掃除、料理など日々の家事を楽にするには家事が楽になるような間取りの新築住宅を選ぶ必要があります。
家事が楽な間取りとは、家事動線に無駄がないことが重要です。

 

*家事動線とは?

 

家事を行う際に移動する経路のことです。
料理をしながら子供の世話をしたり洗濯をしたりとさまざまな家事を同時に行うのに、家事動線が意識されていないと、毎日が大変でイライラしてしまうかもしれません。

 

□キッチンでの家事動線

 

キッチンでは主に料理を作りますが、キッチンが広すぎると、無駄に動くことになってしまい、作業の効率も落ちてしまいます。

キッチンでは、冷蔵庫から食材を出して、調理台で調理をして、棚から食器を取り出して盛り付けるという風に一連の動作を想像しながら自分が使いやすいように家電などの配置も行いましょう。

お好みにカスタムできるカップボードを利用するのも良いでしょう。食器や家電の収納だけでなく、かさ張るごみ箱のスペースを確保できます。

 

 

洗濯の家事動線

 

アパートやマンションで暮らしていると気づかないのですが、濡れた洗濯物を2階のバルコニーまで階段を昇って運ぶのは重労働です。妊婦さんや、お年寄りは苦労しているのです。

そこで、2階に浴室と洗面室を配置するプランを考案致しました。 ワンフロアで洗濯物を干し、畳み、収納まででき、洗濯動線は劇的に短くなりました。当社の新ブランド【NeLifeネライフ】の間取りです。

 

 

□コンセントの位置

 

コンセントの位置は意外と見落とされがちですが、新築住宅を購入するなら、考えておいてほしいポイントの一つです。

 

*キッチン

 

キッチンで必要となる家電類は、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、トースター、電気ケトル。コーヒーメーカーなどがあります。
それぞれ常にさしておく家電用のコンセントと必要に応じて使うキッチン用品を分けてコンセントの数、場所を考えておきましょう。

 

*リビング

 

リビングでは、掃除機、テレビ、パソコン機器、固定電話の回線、スマホやタブレットの充電、エアコン、扇風機、こたつ、電気カーペット、電気ストーブ、アイロンなどにコンセントが必要になります。
エアコンなど高さが違う家電などもあるので、コンセントの高さにも注意しましょう。

 

□まとめ

 

今回は新築住宅で家事を楽にするための間取りや家事動線についてお伝えしました。

 

三井開発では、充実リビングと家事ラクの新しい間取りのご提案、【NeLifeネライフ】をご紹介しております。それまでのワンフロアの生活から、2階建て住宅になると家事の負担は増えてしまいます。少しでも負担が軽減されるようにと考案されたプランです。モデルハウスもございます。是非一度、ご覧いただければ幸いです。