20190720

■さいたま市で新築一戸建て!建築条件付き土地のメリットとは?■

「新築一戸建てを建てようと思っていて、情報を集めたい」
「建築条件付き土地のメリットってなんだろう?」

このように、住宅の購入をお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中でも、建築条件付き土地の購入を考えている方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、建築条件付き土地のメリットについてご紹介します!

 

□建築条件付き土地

建築条件付き土地とは、「一定期間内に、指定した建設業者で家を建てる」という条件がついた土地のことです。
一般的には、土地を購入したらその土地にいつ、どのような家を建てるのも購入者の自由ですよね。
建築条件付き土地は、「土地の売り手が家を建てる」という前提で土地を売ることになります。
建売住宅と似ていますが、家を建ててから売るのではなく、土地を売ってから家を建てるというイメージです。

 

□建築条件付き土地のメリット

建築条件付き土地には、さまざまなメリットがあります。

 

*土地が低価格で売られる

条件がない土地は、条件がある土地よりも割高に価格設定されます。
しかし、建築条件付き土地だと、土地代と家の建設代の両方で利益を得られるため、土地代の利益は最小限にするのが一般的です。
土地と建物をバラバラで購入すると、それぞれの業者が利益を上乗せしますよね。
しかし、これが同一業者であれば、土地と建物を合わせた売却額で利益を出せればいいため、土地代が安くなっているのです。

 

*自由度が高い

建設される家の条件はある程度決まっていますが、土地を購入してから家を建てるため、自由がききやすいです。
子育てがしやすい家にしたい、介護がしやすい家にしたい、家の中で仕事をするスペースが欲しいなど、それぞれの事情に合わせて建設できます。
また、設備のグレードアップや色の変更も可能です。
しかし、自由度が高い分、いろいろ注文して価格が高くなってしまうこともあるため、家の条件と資金計画を十分に考慮する必要があります。
また、建設業者が対応できる範囲内での設計だということも覚えておくことが大切です。

 

□まとめ

今回は、建築条件付き土地のメリットについてご紹介しました。
住宅を購入するうえで最も大切なのは、業者選びです。
理想の家のイメージができても、業者とうまくコミュニケーションが取れなければ意味がありません。
そのため、その業者が本当に信頼できるか見極めてから依頼することが大切ですね。
当社では、お客様が安心できる住宅を提供いたします。
ご相談、ご質問など、お気軽にご連絡ください。

 

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

 

RECOMMENDED PROPERTYおすすめ物件