20190724_01

■さいたま市で新築一戸建て!建築条件付き土地をお勧めする理由■

「建築条件付き土地って良さそうだけど、どうなんだろう?」

建築条件付き土地を検討したいけど、あまり聞かない買い方だからいまいち不安という方、メリットについて、もう少し詳しくご説明致します!

 

□建築条件付き土地とは?

建築条件付き土地とは、「一定期間内で指定した建設業者で家を建てる」という条件が付いた土地を指します。
建築条件無しの土地を購入する際は、その土地でいつ、どんな家を建てるのも購入者の自由です。
しかし、建築条件付き土地は、建設できる家の制限が付いています。
ゼロからすべてを決める注文住宅とは異なり、施工業者を自由に選ぶことはできません。
設計等はある程度は自由になりますが、連棟で建てる場合は各棟の陽当たり等を考慮した「参考プラン」に則って間取りを決めていく事になります。
建売住宅との違いは、家を建ててから売るのではなく、売ってから家を建てるというイメージです。

 

□建築条件付き土地のメリット、デメリット

建築条件付き土地は、建売住宅と比べて自由度が高くなります。
子育てしやすい間取りにしたい、仕事ができる家にしたいなど、それぞれの事情に合わせてある程度は購入者の意見が取り入れられます。
また、追加料金で設備をアップグレードさせることもでき、理想の家に近づきやすいです。
一方で、建築条件付き土地は土地だけの状態で購入するため、実際に生活のイメージがしにくいといったデメリットもあります。
完成物件を見ることができない分、別の完成物件を見学させてもらったり、打ち合わせでイメージをできる限り近づけておく必要があります。

建築条件付き土地は、注文住宅と建売住宅の中間のような存在ですね。
以下は、この3者のメリットデメリットをまとめた表です。

3つの方法

 

□建築条件付き土地なら資産価値の高い、便利な土地が手に入る

建築条件付き土地は、注文住宅に比べて立地が良いです。
注文住宅を建てる際に、実は難易度が高いのが「理想の土地探し」。
駅や商業施設などに近い便利な土地はそもそもあまり売りに出ていないうえに、たとえ販売されていたとしてもとても高額です。

便利な場所にある土地は、資産価値が高く、将来さらに値上がりすることも期待できます。
土地選びという側面で見ると建築条件付き土地は、手間をかけずに資産価値の高い便利な土地を手に入れられる非常に賢い選択なのです。

 

□住宅購入は売主(業者)選びが大切

建築条件付き土地を購入するうえで、最も大切なのは売主選びです。
「建売住宅は質が悪い」はもう過去の話。信頼できる売主を探すのが大きなポイントになります。
建築条件付き土地の売主は、大きく分けると3つのタイプに分かれます。

①直接施工・直接販売タイプ
土地の仕入れから、住宅の施工、販売まですべてを自社で行っている売主。

②販売タイプ
販売のみ、もしくは土地の仕入れと販売のみを自社で行っている売主。
施工は業務提携している他社が行うのが一般的。

③不動産会社タイプ
厳密にいうと売主ではありませんが、建売住宅、建築条件付き土地の所有者が別に存在し、買い手との仲介のみを行う会社。

この中で最もおすすめしたいのが、「直接施工・直接販売タイプ」の売主です。
土地の仕入れ、施工を自社が担当しているので、地盤、建材、施工といった住宅建築に関するすべての情報を正確に開示してくれる、といったメリットがあります。
また、住宅性能、メンテナンスに関しても熟知しており、引き渡し後のアフタフォローが充実している傾向があります。

 

□まとめ

今回は、建築条件付き土地についてご紹介しました。
建築条件付き土地は土地を最初に購入するため、家を建てる際に自由度が高い一方で、施工業者とのコミュニケーションが非常に大切になります。
建築条件付き土地である、ないに関わらず、住宅を購入するうえで最も大切なのは、信頼できる売主(業者)を選ぶことです。
当社も土地の仕入れから自社で行っている為、建築条件付き土地のご購入相談も承っております。
お問合せ、ご相談など、お気軽にご連絡ください。

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

RECOMMENDED PROPERTYおすすめ物件