20190928
■さいたま市で新築一戸建てを購入したい方必見!制震装置って?
「日本は地震が多いから、しっかりと対策を立てている新築一戸建てを買いたい。」
「せっかく家を買うのだから、制震装置がきちんとついているものにしたい。」
このようにお考えの方はいませんか?
近年、制震装置のついた住宅が注目されています。
いざというときに安心して暮らせる住宅を見つけるためにも、地震対策ができている家を買いたいですよね。
そこで今回の記事では、新築一戸建てを購入する前に知っておきたい、おすすめの制震装置について詳しくご紹介します。

 

□日本は世界有数の地震大国

日本の地震災害の多さは、世界の中でも多い方です。
阪神淡路大震災や東日本大震災に引き続き、定期的に大きな地震が全国各地で起きています。
また、今後数十年以内に高確率で首都直下型の地震が起こるとも予想されています。
この国の住宅には、地震対策は欠かせないものなのです。

 

□「制震装置」って?

制震とは、地震の揺れが起こることを大前提としてその衝撃を吸収しようとする考え方です。
制震装置は導入がしやすく耐久性があるため、本震だけでなく余震にも対応できるのが特徴です。

 

□新築一戸建てを買うなら、おすすめの制震装置は?

当社の住宅は、制震ダンパー装置を持つ住宅が多数あります。
この制震装置には、3つの特徴があります。

*エネルギーを効率的に吸収する

レーシングタイヤの技術をもとにして、独自のゴムをダンパーに使用しています。
運動エネルギーがすぐに熱エネルギーに変換されることで、効率的にエネルギーを吸収できます。

*メンテナンスが長い間不要

この制震ダンパー装置に使われているゴムは、経年による劣化が非常に少ないです。
ゴムの性能自体のもちが良いものであるため、90年間メンテナンスがいらないという結果も出ています。

*ダンパーが高耐久

装置に使われるゴムと鉄板は独自の技術により硬く接着されています。
そのため、経年劣化しにくいゴムの性能と掛け合わされ、さらに装置自体の耐久性が伸びています。

 

□まとめ

今回の記事では、地震の時に役に立つ制震装置について詳しくお話しました。
日本は、地震がいつ起こるかわからない状況にいつもさらされています。
だからこそ、地震が起こることは大前提として「耐震」だけでなく「制震」も意識する必要があるのです。当社では、強い制震機能を持つ制震ダンパー装置を搭載した新築一戸建てを全棟に標準設置しております。(3階建て住宅を除く)新築一戸建てをさいたま市でお探しの方は、ぜひお気軽にご相談ください。
▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

OTHER PROPERTYその他のおすすめ物件