20191024

■新築一戸建ての購入時にかかる費用とは?

「新築一戸建ての購入時、住宅会社に払う分以外にどんな費用がいくら位かかるの?」
このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか?
人生最大の買い物である新築一戸建ての購入を済ませた後は、しばらく大した出費の必要はないと思いますよね。
しかし、実際には新築住宅の購入前後には想像以上にかかる費用に悩まされる方も多いのです。
そこで今回はお引っ越し時に慌てないように、新築住宅の購入前後にかかる一般的な費用について解説します!

 

□火災保険への加入

新築住宅の購入前には必ず火災保険に加入する必要があります。
近年の火災保険は加入期間が最大10年に設定されており、料金の目安としては一括で支払う場合には約20万円から30万円が必要になります。
一度にそんなお金を用意する余裕がないという場合には分割して支払うことも可能ですが、総合的にはもちろん分割払いの方が高くなってしまうため、注意しましょう。
また、火災保険に関しては保険会社によっても保険料に差があるため、前もって調べておくと良いでしょう。
当社でも火災保険を取り扱っていますので、営業担当に相談してみてください。お客様それぞれにに合った保険のご提案をさせて頂きます。

 

□引越し費用

新築住宅を購入すれば、もちろん新居へと引越しをしなければなりません。
そこでかかってくるのが引越し費用です。
家族の引越し費用となると、シーズンにもよりますが、やはり10万円前後の出費は見積もっておいた方が良いでしょう。
引っ越し会社により価格に差がある為、複数社に見積りを取る事をお勧めします。
また、春先等、引っ越しシーズンに当たる場合は、早めに見積もり、予約を取りましょう。

 

□インテリアや家具の購入とその他の取り付け

*カーテン

新築住宅の場合、基本的にカーテンはついていません。
従ってカーテンを自分で揃えなければならないのですが、実はカーテンレールも必要になります。
一般的な新築一戸建ての窓数は10枚から15枚ほどなので、それら全てにカーテンを付けるとなると10万円から30万円近くかかります。
当社のオプションでカーテンやカーテンレールを設置すると、設置した状態でお引渡しとなり、即、お引越しができます。

*テレビアンテナの設置

建売住宅の場合、基本的にテレビ線は引き込まれていないため、自分で引き込みましょう。
テレビ線を引き込む方法としては、従来のテレビ線を電線から引き込む方法と、ネット回線を利用する方法がありますが、かかる費用としては5万円前後となります。

 

*エアコンや照明器具の取り付け

新築住宅は普通エアコンは付いていません。照明器具も一部を除き、付いていません。
お引渡し後に、自分で家電業者に依頼して設置工事を行うことになります。
各部屋の分のエアコンと照明器具を一度に設置するとなると取付費込みで相応の費用がかかってきます。
当社では、埼玉県の「パパママ応援」でお子様の部屋のエアコン設置プレゼントを行っております。
お子様がいらっしゃる方は必ず営業マンにご確認ください。

 

*網戸の設置

新築住宅には網戸も設置されていない場合があります。
網戸は基本的に売主が販売していることが多いので、不動産会社を通じて相談するか、もしくは直接相談してみましょう。

 

*バルコニーや車庫の屋根の設置

バルコニーやカーポートの屋根に関しても元々設置されていることはないため、別途工事が必要です。

□まとめ

今回は新築住宅の購入前後にかかる一般的な費用について解説しました。
新築住宅には基本的に多くのものが設置されていないため、火災保険や引越し費用に加えて、ほとんどを自身で揃えなければなりません。
従って、新居の購入後も予想以上の出費が出てしまうことは覚悟しておいた方が良さそうです。
ただし、これらの出費も努力次第では抑えることも可能なので、担当の不動産会社に相談してみてください。
当社ではカーテン、エアコン、照明器具、アンテナ等は、オプション工事でお引渡し時までに設置することができます。
お引越しでバタバタする時期に自分で買いに行き、設置するのは結構大変なものです。キャンペーンもございますので是非ご相談ください。
▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

RECOMMENDEDPROPERTYおすすめ物件