DSC_0004

■建築条件付き土地、注文住宅、建売住宅の違いとは?

「さいたま市で新築の住宅を購入したいけど、分からないことが多い」
「住宅を購入しようか迷っているけど、建売住宅、注文住宅、建築条件付き土地のそれぞれの違いを知りたい」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。
住宅の購入をしたことがない方は、分からないことが多いですよね。
特に、よく出てくる建築条件付き土地や建売住宅についてはよく分からないと思います。
そこで今回は、建売住宅、注文住宅、建築条件付き土地のそれぞれの違いについてご紹介します。

 

 

□建売住宅とは

建売住宅とは、土地と住宅をセットで販売する住宅のことです。
住宅が完成された状態で販売されることもあれば、建築中の段階で販売されることもあります。
あらかじめ、住宅の間取りや設備が決まっているので、注文住宅のように購入価格は変動しません。
また、土地と住宅を一括で購入できるので、時間や手間をかけたくない方にもおすすめです。

 

 

□注文住宅とは

注文住宅は、お客様と業者でさまざまな箇所に関して、話し合いを行いながら住宅の設計をします。
自由度がとても高く、周りの家よりもデザインや設備にこだわりたい方にとてもおすすめです。
設計から完成まで時間と手間がかかってしまい、費用も比較的高いのが特徴です。

 

 

□建築条件付き土地とは

一定の期間内に、指定された業者と契約して家を建てることを条件として売買される土地です。
土地を購入した後に住宅の建築を始めます。
少しややこしい制度ですが、購入者の権利を守るために作られた制度ですので安心してください。
注文住宅よりも自由度は低いですが、建売住宅より自分たちのこだわりを盛り込める良さがあります。

 

 

□まとめ

今回は、建売住宅、注文住宅、建築条件付き土地のそれぞれの違いについてご紹介しました。
それぞれ特徴が大きく異なるので、住宅の購入を考えている方は、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
住宅選びは、多くの費用がかかるので、後悔のしないように慎重に行いましょう。
建築条件付き土地や新築の住宅の購入を考えている方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
当社には、住宅購入に関しての知識と経験が豊富なスタッフが多く在籍しております。
また、さいたま市を中心に数多くの物件を取り扱っており、お客様の住宅選びを全力でサポートいたします。
新築の住宅や建築条件付き土地の購入について分からないことがある方は、お気軽に当社までご相談ください。

 
▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

RECOMMENDED PROPERTYその他のおすすめ物件