■入居前にやっておくべきこと

さいたま市で新築を考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか?
新築住宅に入居される際、入居前に準備をすることで引っ越し当日の負担を軽減できます。
そこで、今回は入居前に準備をする理由と入居前にやっておくべきことを紹介します。

 

□入居前に準備をする理由とは?

 

入居前に準備をする理由は2つあります。

1つ目はキッチンやトイレなどの設備が新品の状態だからです。
新築では、取り付けた設備はすべて新品の状態で設置されているでしょう。
しかし、新品だからといって、傷や不具合がないとは言えません。
そのため、入居前に傷や不具合がないかを確認しておきましょう。

2つ目は、作業のしやすさです。
引っ越しが始まると、新居が前の住居から搬入してきた荷物やダンボールでいっぱいになります。
このような状態で入居の準備をすると、荷物が邪魔になり効率よく作業ができません。
また、準備が遅れると持ち込んだダンボールや荷物の整理ができないため、物が減らない状態が何日も続きます。
そのため、入居の準備はものが少なく作業のしやすい入居前にするのがよいでしょう。

 

□入所前にやるべきこと

 

今回は、入居1週間前にするべきことを紹介します。

 

*新居の掃除

 

新築だからといって、新居の中が汚れていないとは限りません。
入居前に掃除をすることで、引っ越し当日の負担を軽減できます。
そのため、入居前に一度新居に出向き汚れがないかを確認し、必要なら床拭きや空気の入れ替えをしておくとよいでしょう。

 

*ガスの開栓やインターネット回線工事などの立ち合い

 

引っ越した当日から普通の生活を送るためには、立ち合いの必要な作業はすべて同じ日にするのがおすすめです。
立ち合い作業には、家具の設置、ガスの開栓、インターネットやテレビの回線工事があります。
これらの作業を同じ日にすることで、作業の立ち合いのために何度も新居に行く手間を省けます。

 

*近所の方への挨拶

 

入居前に、近所の方への挨拶を済ませておいた方がよいかもしれません。
なぜなら、引っ越し当日はトラックが停まったり、騒音で迷惑をかけてしまったりするからです。
挨拶に行く場合は、近所の方に引っ越し日を伝えておきましょう。

 

□まとめ

 

今回は入居前に準備をする理由と入居前にやっておくべきことを紹介しました。
入居前に掃除や立ち合い作業を済ませておくことで、引っ越し当日の負担を軽減できます。

また、照明器具、カーテン、エアコンの設置も引っ越し前に済ませておくと、
引っ越しをスムーズに進められるでしょう。

早く新築での生活をしたいという方は、今回の記事を参考にしてみてはいかかでしょうか?

 PROPERTYその他のおすすめ物件