さいたま市で新築を建てる際、どこに収納を設置すればいいかわからない方がいらっしゃるのではないでしょうか?
収納を計画する際、この記事で紹介する考え方を参考にすれば、理想的な収納になることでしょう。
そこで、今回は収納計画を立てる際の考え方と理想的なリビング収納を紹介します。

 

□収納計画を立てる際の考え方

 

*持ち物を把握する

 

新築に引っ越すとき、持ち込んだ荷物が多く収納場所が足りないことがよくあります。
新築を計画する際は最初に自身の持ち物を見直す作業をしましょう。
なぜなら、現在所持している持ち物を把握することで、新居に持っていくべきものとそうでないものに分類できるからです。
また、持ち込む荷物を減らすことで、新築の居住スペースが広くなるというメリットも存在します。

 

*自身や家族にあった収納方法を見つける

 

収納を計画する際、少し手間がかかっても綺麗に収納できるならその方がいいと考えるかもしれません。
しかし、そのような方法は長続きせず、結果として収納の意味がありません。
また、収納は日々の生活の中で繰り返して行う作業のため、自身や家族がやりやすい方法を意識して考えてみましょう。

 

*間取りから、どこに何を収納すればいいかをシミュレーションしてみる

 

間取りを考えていると、たまたま空いている部屋を収納場所にしがちです。
しかし、その場所は想定していたよりも小さく荷物が入らないというケースがあります。
そのため、間取りからどこで何を使うかをシミュレーションした上で収納場所を選択すれば、収納場所がないといった事態を回避できます。

 

□理想的なリビング収納とは?

 

リビングは家族全員が集まる場所で、客間としても利用されるため、収納は生活感を出さない収納が理想的です。
では、理想的なリビング収納を実現させるにはどうしたらいいでしょうか。
備え付け収納の場合は、扉やカーテンなどで収納の中身を隠すことでリビングがスッキリして見えます。

また、新しく家具を購入する場合はリビングの雰囲気にあった収納器具を購入するのがおすすめです。
こうすることでリビングに統一感が生まれ、スッキリしたリビングを演出できます。
もし、新しい家具の購入が難しい場合は、ものを綺麗に並べるだけでも効果があります。
これらのことを意識するだけで、生活感のないスッキリとした空間を演出できるため、ぜひ挑戦してみてください。

 

□まとめ

 

今回は、収納計画を立てる際の考え方と理想的なリビング収納を紹介しました。
新築では収納はなんとなくで決めず、きちんと考えた上で場所を決めましょう。
また、場所だけでなく持ち物を整理するのも重要です。
新築の収納計画やリビング収納でお困りの方は、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

OTHER PROPERTYその他のおすすめ物件