■子育てしやすい家のポイントとは?

新築一戸建ての購入をお考えで、子育て中の方はいらっしゃいませんか。
小さなお子様がいらっしゃる方や、これから子供が欲しいとお考えの方は、子育てを配慮したお家選びがおすすめです。
そこで今回は、子育てに適した間取りと周辺環境選びのポイントについて解説します。

 

□子育てに適した間取りを紹介

子育てに適した住まいづくりで重視したいのが間取り選びです。
ここでは、子育てにおすすめの間取りとして、収納について確認していきましょう。

収納スペースは、最初の段階ではあまり必要ないと思う方が多いです。
しかし、実際に生活をしてみると収納スペースが足りなくなってしまうことがよくあります。
特に、子育て中は収納スペースが少ないと子供のおもちゃが常に散乱してしまいやすいです。
子供用の収納スペースがあれば、子供がおもちゃを自分で片付けする習慣も身に付くかもしれませんね。

収納スペースを設ける場所としては、リビングだけでなく玄関もおすすめです。
子供が大きくなると、外遊びの機会も増えますよね。
自転車やスケートボードのような遊び道具は、部屋に持ち込まなくても済む玄関収納が便利でしょう。

また、収納スペースが1階になければ、わざわざ2階に持って上がる必要があります。
扇風機やストーブのような季節物や、掃除機のように日常的に使うものなど、家族が共通で使用する物の収納場所を確保しましょう。

このように、実際の生活をイメージしながら必要な収納を設けるのがおすすめです。

 

□子育てに適した周辺環境とは

周辺環境は、子育て中のお子様に大きな影響を及ぼすでしょう。
どのような点をチェックする必要があるのかを解説します。

子どもがいる家庭への児童手当てや医療費助成、さらに保育施設の充実度など、子育て世代の支援制度は各自治体によって異なります。
子供の人数が多いほど、このような自治体の子育てサポートが家庭の経済支援に与える影響は大きいですよね。
そのため、住宅購入を検討している地域の自治体がどのような子育て支援を行っているのかも調べてみるのがおすすめです。

次に、将来子どもが通う学校の通学路や駅周辺の環境を確認しておきましょう。
子どもの安全を考えた街づくりかどうかもチェックポイントの1つです。
また、繁華街から距離があるかも見てみると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、子育て中の方に重視してもらいたい間取りと周辺環境についてご紹介しました。
大切なお子様のためにも、のびのびと暮らせる環境を作ってあげたいですよね。
また、自分たちだけでは気づけないポイントもあるため、不動産会社にも相談してみるのも良いでしょう。

 

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

 

RECOMMENDED PROPERTYおすすめ物件