■新築一戸建てを検討中!内覧のポイントとは?

新築一戸建てのご購入の検討で欠かせないのが内覧です。
建物の内覧では、隅々までチェックするのがおすすめです。
しかし、どこをチェックしたら良いのか分からないとお悩みの方も多いですよね。
そこで今回は、さいたま市、蓮田市の新築一戸建て売主の三井開発が内覧のチェックポイントをご紹介します。

 

□内覧のチェックポイントを紹介

ここでは、内覧で気をつけてほしいポイントを3つご紹介します。
それぞれ確認していきましょう。

1つ目のチェックポイントは、水回りです。
住宅で故障やトラブルが多いのが、浴室や台所です。
水回りは頻繁に使う場所であるため、その分トラブルも発生しやすくなります。
トラブルが発生した時のメンテナンスや今後の修理に備えて、各設備のメーカを確認しておきましょう。

2つ目のチェックポイントは、ドアです。
開け閉めをしたときに音が鳴らないか、ドアを開けた時に他の人とぶつかる心配はないかを確認しましょう。

3つ目のチェックポイントは、窓の外や玄関です。
窓を開けた時に目の前に高い建物があると、日光が遮られてしまい日当たりの悪い住宅になってしまいます。
また、玄関のすぐ前に道路があると、小さなお子様の事故につながりかねないでしょう。

しかし、どれだけ内覧時に厳密にチェックしていても、時間が経つと劣化してしまうのは仕方がありません。
そこで、建売住宅を選ぶときはアフターサービスが充実しているかを確認しましょう。
販売後も心のこもったサービスを提供してくれる建設会社は安心ですよね。

保証期間中は、建設会社が建物の構造や設備の点検や修繕を無料で行ってくれます。
また、新築一戸建て住宅では最低10年間の保証が企業側に義務付けられています。
そのため、しっかりとした建設会社なら、10年保証について書面で補償内容を確認してくれるでしょう。
このようなアフターサービスの充実面から建売住宅を選ぶのもおすすめです。

□住宅以外でチェックすると良いポイントとは

住宅以外にも、住宅周辺の環境についても確認してみましょう。
ついつい住宅の中の内覧ばかりに注目しがちですが、快適な生活のためには周辺環境も大切ですよね。

スーパーやコンビニは近くにあるのか、最寄り駅までの距離や始発終電も確認してみましょう。
さらに、子育て中のご家庭なら、病院や公園の場所や周辺に夜遅くまで営業する飲食店がないかもチェックポイントです。
また、平日と休日、昼と夜で周辺雰囲気が変わるエリアは多いので、一度だけではなく何度か確認してみると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、新築一戸建て購入の際の内覧チェックポイントをご紹介しました。
内覧以外にも、アフターサービスの充実度や住宅周辺の環境もチェックすることが大切でしょう。
納得するまで確認し、後悔のない住宅選びをしましょう。

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

 

RECOMMENDED PROPERTYおすすめ物件