■新築一戸建てを検討中の方へ!ロフトを仕事場として使うには?

コロナウイルスの流行で在宅勤務になっている方は多いと思います。
皆さんはどのようなオフィスで作業なされていますか。
今回は、作業効率の高いホームオフィスの作成における注意点とロフトを仕事場として使う事例を紹介します。

 

□ホームオフィスを作るポイントを紹介

在宅勤務になったものの仕事が手につかなくなっている方はいらっしゃいませんか。
家で仕事をする際の問題点としては、仕事と生活の区切りがつかなくなってしまったり、資料の収納スペースが足りなかったりといったことが挙げられるでしょう。
そのようなお悩みをお持ちの方は下記で紹介するホームオフィス作成のポイントを参考にしてみてください。

 

*生活と区別した空間を作る

はじめに考慮すべきは生活空間と隔離したオフィスに出来るかということです。
可能なら食事、睡眠、遊びの部屋とは別の部屋を仕事用に確保するようにしましょう。
生活スペースとは切り離された空間にすることで気持ちを切り替え仕事に集中できるようになります。

 

*光を取り入れる

次に、オフィスにはできるだけ光を取り入れるようにしてください。
光は単純に物を見えやすくするという効果の他にも、集中力を高める効果があると言われています。

日中の光は人が集中するのに適度な光量なので、窓がある部屋などをオフィスにして日光を取り入れられるようにしましょう。

 

*大きめの収納スペースを確保する

最近はペーパーレス化が進んでいますが、それでも仕事に書類はつきものですよね。
書類の他にも、仕事で使用するプリンターやパソコンなどオフィスは意外と物で溢れてしまいます。
それらをしまっておくためのスペースは大きめに確保するようにしてください。

 

□ロフトに作る作業場の例を紹介

ロフトのある新築一戸建ては魅力的ですよね。
実はロフトもホームオフィスへと変身できる場所になります。

実際に、ロフト部分を「お父さんの仕事のスペース」とするためにロフトのある新築を購入された方や、ロフト部分にワークスペースを作った方は大勢いらっしゃいます。

ロフトの使い方で家の特徴はかなり異なってきます。
必ずしもワークスペースとして利用する必要はありませんが、新築の中にオフィスを作りたいと考えている方はロフトを検討してみてください。

 

□まとめ

今回はホームオフィスを作成するときのポイントとロフトの作業場の例を紹介しました。
テレワークは政府も推奨しており、これから主流の働き方になる可能性を秘めています。
新築一戸建てにオフィスが欲しいとお考えの方に本記事を参考にしていただけると幸いです。

 

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

 

RECOMMENDED PROPERTYおすすめ物件