■子育てしやすい間取りのポイントをご紹介します!

「子育てがしやすいお家に住みたい。」
子育てをされる方は、このようにお考えの方が多いのではないでしょうか。
しかし、どのようお家が子育てに適しているのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、子育てがしやすい間取りのポイントやコツについてご紹介します。
参考にしていただければ幸いです。

 

□子育てしやすい間取りのポイントとは

子育てをしている多くの方が、子供が心地よく過ごせて、かつ日々の子育てのストレスがないお家を望んでいるでしょう。
そこで今回は子育てがしやすい間取りのポイントをご紹介します。

1つ目は、目が届く場所に遊び場があることです。
子供が小さいうちは、家事の間も子供から目が離せません。
そのため、リビングやキッチンから目の届く場所に、子供の遊び場や勉強スペースなどがあると良いでしょう。

例えば、リビングに面しているウッドデッキや中庭があれば目の届く場所に子供の遊び場ができます。
また、リビングに子供が勉強や読書をするためのスペースがあると良いでしょう。
いつも様子を見守れ、安心なことに加えて、子供の勉強習慣が身につきやすくなることも期待できるでしょう。

2つ目は、子供の成長に合わせやすい間取りを選ぶことです。
生まれて間もないころは、一人部屋は必要ないかもしれません。
しかし、中学生くらいから独立するまでの数年間は個室が必要となるでしょう。
そのため、子供の成長に合わせて部屋をどのように活用するのかを考えておくことをおすすめします。

 

□子育てしやすい住宅のコツをご紹介します

具体的に子育てがしやすい間取りのポイントを2つご紹介します。

1つ目は、効率の良い家事動線です。
子育てがしやすいお家のポイントの1つに、移動が楽というポイントがあります。
子育てに時間をかけるためにも、家事の時間は最小限にできることが好ましいでしょう。

そこで、家事をする際に効率の良い家事動線かどうかを確認しておくことが大切です。
例えば、キッチンからお風呂場へ実際に歩いてみたり、リビングからトイレまで歩いてみたりして確認しておくことをおすすめします。

2つ目は、畳のスペースや和室を設けることです。
和室があれば、様々なことに対応できるでしょう。
例えば、畳はフローリングよりも柔らかいため、子供がおもちゃで遊んだり、お昼寝をしたりする際に役立つでしょう。
また、収納のスペースにもできるため和室を設けておくと使い勝手が良くなるでしょう。

 

□まとめ

今回は、子育てがしやすい間取りのポイントやコツについてご紹介しました。
子供の成長に合わせやすい間取りにすることや、家族がコミュニケーションをとる機会が多くなるような間取りにするなどの工夫をご紹介しました。
蓮田市で新築をご検討中の方は、当社までお気軽にご相談ください。

 

▼住まい選びのお役立ち情報 一覧に戻る

あなたにおすすめの物件一覧